南砂中央町会

令和三年二月期災害協力隊訓練模様

2月14日(日曜)午前10時半より
南砂3丁目公園にて訓練を行いました。
石原九二一会長挨拶。
昨日の地震に驚かれたと思います、10年前の東日本大震災を思い出す大きな揺れを感じました。日本は毎年の様に自然災害に見舞われます、皆さんの訓練はイザという時の為に期待をされています、今後とも訓練に励んでください。
先月18日には東京消防庁「第17回・地域の防火防災功労賞」を授賞いたしました。
日頃の訓練また町民の防災意識向上が評価されました。東日本大震災から10年、災害は忘れた頃にやって来ます。


柔軟体操
消防団第八分団の金澤友則団員の指導を受けてポンプ車操法、スタンドパイプなど教えていただいています。それにしてもランニングの後、キツイなー
第10部 梅原地域部長の推薦でご近所の嶋田さんが災害協力隊に参加する事となりました。
地域の為にお役に立ちたいとの事でした。
春の気配を感じる今日、12名の隊員が参加しました。
ポンプ操法にかかれ!ヨシ!
躍動感がみなぎる。
訓練のおかげです、四番員はエンジン始動。
グォーグォー会場に響き渡る。
指揮者の放水始め!一番員
直噴・噴霧
放水止め!指揮者の合図に三番員は大きな声で放水やめ。
四番員に伝える。

前のページへ戻る