多世代交流の里 砂町よっちゃん家

ご近所ミニデイよっちゃん家 OPEN

12月7日(土曜日)オープンしました。
江東区長寿応援課地域支え合い係の支援事業である、ご近所ミニデイよっちゃん家は東砂長寿サポートセンターの担当区域で始めて開催されました。当日は低温で小雨模様にもかかわらず利用者・関係者大勢お集まりいただき、オープンらしく賑やかに楽しく過ごしました。

お問い合わせ
江東区長寿応援課 地域支え合い係
03-3647-9468

ご近所ミニデイよっちゃん家の運営責任者 加藤正明氏
加藤さんはよっちゃん家開所以来スタッフの一員として活動しています。
本日のプログラム内容として
1)軽く準備体操を行いました。イスに座ってもできます。
2)ギター演奏による合唱です、懐メロを中心に楽しみました。。
3)脳トレ。主に指を使うゲーム感覚の体験です、始は戸惑う方も慣れてきます。習慣付ける事が大切です。と思いました。
4)休憩を挟み昼食をとりました。会話をしながらの食事、楽しいものです。世間話しは尽きませんが午後1時半に終了となりました。利用料は600円
多世代交流の里・砂町よっちゃん家の生みの親であります、吉野義道運営委員長挨拶
前のページへ戻る