稜線漫歩の会

6月26日、30年ぶりに登った西湖の節刀ヶ岳。

富士山を背景にそびえる節刀ヶ岳。
1736メートルのこの山は、30年前に来た時にスルーしてしまった山です。
登山ルートから外れ、言わば「盲腸」のように出っ張って、登山者から振り返られない“不遇”の山です。
今回7時間かけて、長年の宿題を果たしました。

9:40登山口から出発して、途中毛無山から十二ケ岳まで、岩場が続きます。名前はそこからついています。
根場(ねんば)のバス停前の「カカシ」です。30年前はここに車を置き、バスで登り口に移動しました。

アップダウンの続く山では、カップ麺とお湯はただの荷物になりました。パンのみが正解でした。

前のページへ戻る