稜線漫歩の会

6月16日、くっきりとした富士山を展望した黒岳でした。

黒岳の展望台につきました。
河口湖と富士山が素晴らしい景色を見せてくれ、汗を流して登ってきた苦労が報われました。
休んでいたドイツ人の若者が、「写真を撮りましょう」と写してくれました。
ここからは一気に急坂を下ることになります。

高速バスと路線バスで、天下茶屋に着きました。GPSでコースを確認して10時出発。
リーダーのいいペースでどんどん登っていきます。とにかく景色に感動しました。
雨上がりの澄んだ空気のなかで、花も木も息を吹き返しています。
急坂を登り切った黒岳は、1792,7メートル。ここでランチタイムです。
今回は、空と緑と湖と富士山に“感動”の6時間でした。
前のページへ戻る