稜線漫歩の会

課題を2つ決めて、山に望みました。

なんの変哲もない標識ですが、じつはこの下の広沢寺温泉への分岐で、家族が何日も遭難するという事故がありました。(奇跡的に助かりました)
今は現場にはロープが張られていますが、それがなければ今も迷いやすい地形です。
今回はGPSを使ってルートを確認するということに、注意しました。

雲に巻かれた大山三峰です。沢を含めて10回以上来ています。
伊豆が岳・男坂です。ここは「自己責任」ということになっています。
クライムアップ、ダウンを課題にして取り組みました。
やはりクライムダウンに神経を集中しましたが、いい岩の練習になりました。
前のページへ戻る