稜線漫歩の会

11月1日〜15日、第3回目の「稜線漫歩の会」の絵画点を大島駅ではじめました。

パネルの中で蛍光灯の光が映りますが、なんとか山の表情が出ていると思います。
これは9月末に登った、紅葉の涸沢から望む奥穂高岳です。
われわれは画面には写らない、右の北穂高岳に登りました。
上高地からの第一日目は雨、最後の3日目も雨でしたが、北穂高岳に登った日は奇跡的に快晴になりました。
ナナカマドのあでやかな赤が、ハイ松の緑とコントラストをなして、本当に感動しました。

 
   

群馬県の裏妙義・丁頭の頭(ちょうずのかしら)にチャレンジします。垂直の壁です。
3月厳冬期の八ヶ岳を、赤岳に向かって進んでいきます。
春から夏に向かう岩舟山の岩壁です。ごつい岩と美しい花の対比が、素敵でした。
必死で岩に取り付いています。
画面をクリックすると縦の映像がでます。
賑やかな砂町商店街です。
これも画面をクリックするとたての映像がでます。
後立山連峰の最難関、八峰キレットです。きびしかったけど、本当に美しい!
前のページへ戻る