稜線漫歩の会

後立山連峰の盟主、鹿島槍ヶ岳に登りました。

8月20日(月)、新幹線と長野駅からの特急バスを乗り継ぎ、午前11時に扇沢へ到着。

台風が逸れて3日間とも良い天気でしたが、初日の約5時間の登りは暑さでバテバテとなりました。


扇沢から柏原新道を経て種池山荘へ向かいます。
樹林帯の急坂で大汗をかきました。
途中、木々の間から種池山荘が見えますが、なかなか着きません。
最後の急坂をこなして山荘に到着。明日登る爺ヶ岳が目の前に迫っています。
翌日も良い天気で、剱岳や立山連山を眺めながらの稜線漫歩となりました。
ルート前方には常に鹿島槍ヶ岳の双耳峰が聳えています。
快晴となり、最初のピーク爺ヶ岳山頂はぐるり360度の好展望でした。
途中の冷池山荘に余分な荷物を預け、軽荷となって山頂を目指します。
手前のピーク、布引山を越したところでちらし寿司の弁当を開けました。
鹿島槍ヶ岳の南峰に到着。
富山湾と、その先に長大な能登半島が望めました。
この後、北峰方面へのルートは残念ながらガスってしまいました。
冷池山荘の展望地ではブロッケン現象に遭遇しました。
3日目も良い天気となりました。
弁当を受け取って下山開始です。

槍ヶ岳や穂高、更には遠く富士山まで眺めることが出来ました。
快適な稜線歩きは種池山荘までで樹林帯に入り、扇沢まで暑く長い下山路でした。
長野駅の近くの銭湯「アルプス温泉」で汗を流しサッパリました。
前のページへ戻る