稜線漫歩の会

7月21日(夜行バス)〜23日、南アルプスの茶臼岳に登りました。

南アルプスの最南端の茶臼岳です。
静岡県の山なので、頂上には「だんご三兄弟」
のような標識があります。
所属する県によってそれぞれ特色があり、おもしろいというか趣を感じます。
7月末の暑いくらいの快晴で、光岳をはじめ周りがきれいに見えました。

車道を40分歩き、畑薙ダムを「大釣り橋」で渡り、いよいよ登山の開始です。
途中の「横窪沢小屋」でみんな一休みですが、冷たいお茶をふるまってくれました。
茶臼岳から望む光岳です。勾配がなくゆるい稜線漫歩です。
朝曇りの中に浮かぶ富士山が、幻想的でした。
自然の造形美です。森林限界のなかでハイ松が耐えて生きています。
とにかく緑が美しく、沢の水も美しく力強かったです。
前のページへ戻る