稜線漫歩の会

7月1日(日)岩の練習に、鹿沼の岩山に登りました。

夏山3000メートルに向けて、岩場やがれ場の通過はとても重要です。
今回は簡易ハーネスを定例会で練習してきた成果を、猿岩からの約60メートルの岸壁をロープで確保しながら降りるという「わが会」の初めての実践に発揮しました。
これまでは何回か岩山には登りましたが、猿岩で引き返していました。
岩場で身を乗り出す一歩はとても怖いものですが、ハーネスとカラビナを信じ仲間のロープを信じたクライムダウンは貴重な経験になりました。

 
   

この日も“真夏日”で、汗がしたたります。でも元気一杯にチャレンジです。
前のページへ戻る