稜線漫歩の会

5月21日(月)中三依の芝草山にチャレンジしました。きつい直登がありました。

大岩の30メートルの登り、そして下りは迫力がありました。
ロープと木の根っこにつかまりながらの上下は、特に下降に慎重さが求められます。
標高600メートルの無人駅から、1342メートルの頂上まで、ひたすら登り降りですが、ブナの木や山ツツジがきれいでした。

途中、GPSでルートを確認しながら進みます。
うっそうとした樹林帯のなかに、終わりかけの山ツツジがありました。
頂上から見える景色です。
北西に雪をかぶった会津駒がきれいでした。
前のページへ戻る