稜線漫歩の会

5月6日(日)、奥多摩の大塚山に春の花を訪ねました。

連休の最終日は快晴に恵まれました。
「春の花を見に行こう」という提案を受け、ほとんど登る人のいない道をたどってきました。
途中警察と消防の人たちが出て、空にはヘリが飛ぶという状況でした。10歳の子供が昨日から見つからないということです。
御岳山の頂上で消防団のアナウンスがあり、無事に見つかったということで、登山者みんなで「よかったね」と言いあいました

春の多摩川は釣りの人や、バーべキュウの人たちでにぎわっています。
鉄五郎新道から、やせた岩場をぐんぐんと登って行きました。
シャガや三つ葉つつじ、シャクナゲなど美しい花に心なごみました。
前のページへ戻る