多世代交流の里 砂町よっちゃん家

NaNaの会「ぎょうざを作って春まつりをしよう」

3月26日(月曜日)
午前10時から13時の間、春休み中の子供たちと、ぎょうざ・ヨーグルトスイーツ・中華スープの三品を作りました。
4家族のうち子ども5名とスタッフと保護者11名が参加しました。年度末の3月NaNaの会生みの親である吉野委員長へ感謝を表し花束を贈呈。
皆さんありがとう、色々な事情がありますがNaNaの会新年度より新たに協力をして頂けますよろしくお願いいたします。

みんなで作った三品
いっただきまーす
子どもは調理も担当
油を使わずにクッキングシートで蒸し焼きに。
ママはポリ袋でご飯を炊きました
災害時に役立ちそう。
子供たちはハサミを使ってお手伝い、ネギやニラを刻みました。ネギを刻むときは一苦労。
ぎょうざのシワシワもデキター
シュウマイの様なギョウザもありました。
この日、心憎い演出に
吉野委員長、目がウルウルに?、
よっちゃん家を盛り上げてくれた
NaNaの会の皆さんに感謝・感謝です
約一年間「よっちゃん家」へ通い続けてくれた双子ちゃんに
ガンバッタDe賞のメダルを差し上げました。
お母さん、遠くからアリガトウございます
前のページへ戻る