稜線漫歩の会

大平山系の全山縦走

栃木県の大平山系を縦走して来ました。午前10時にJR両毛線の岩舟駅を出発し、岩船山→馬不入山→晃石山→大平山→謙信平と辿り、東武線の新大平下駅へ午後3時に着きました。快晴に恵まれ、少々風の強い所もありましたが、全般に穏やかな山日和でした。各山頂からは富士山や秩父、群馬、日光の山並みが眺望、なかでも筑波山の双耳峰が目立ちました。ハイキングコースとは言え、600段の石段や、きついアップダウンがあり、あなどれない縦走コースです。コース最後には茶店の並ぶ謙信平から栃木市街が一望出来、癒されました。

 
   

岩船山の高勝寺までは600段の石段が続きます。休まず一気に登りました。
岩船山からの下山途中、姿の良い筑波山を眺望。
険しくて馬が入れないことから馬不入山と命名されたそうです。ほぼ直登でした。(山頂の気温は3℃)
桜峠のあずまやで一服。この後は手すりが設置された急坂を登ります。
急坂を登った先には展望があり、群馬方面の山並みを見渡せました。
コース最高峰(419m)の晃石山に到着。山頂には眺望の山名が記されています。遠くに日光連山を眺めました。この後大平山へと続きます。
前のページへ戻る