南砂中央町会

平成29年度「蚊」防除対策

「蚊」防除対策として保健所推奨の成長抑制剤を雨水枡へ投下がはじまりました。
 蚊は水溜まりに卵を産みやがてボウフラ
(幼虫)(写真)となりオニボウフラ(蛹)から蚊(成虫)になります。
成長抑制剤を投下することでボウフラのまま一生を終えます。
5月から10月まで毎月1回1ケ所の雨水桝へ1錠を投下いたします。町内には700ケ所の雨水桝があり
各地域部長にお願いし錠剤投下をしています。江東区内には5万ケ所の雨水桝があるそうです、登録団体の85.6%が錠剤投下に参加しています。確実に蚊の発生は少なくなっています。環境に優しい薬剤です。

第2部
坂本地域部長
南砂七丁目の一部を担当
第1部
成岡地域部長
南砂七丁目の一部を担当
第10部
浅田地域部長
南砂六丁目の一部を担当
第7部
加藤地域部長
南砂四丁目の一部を担当
前のページへ戻る