南砂中央町会

普通救命講習を受ける

4月23日(日曜日)南砂区民館地域活動室にて午前9時半より正午まで講習を受けました。
公益財団法人「東京防災救急協会」の講師
宮島さん・松田さんの講義を受けました。
 主に消火隊と防災部員・役員20名が
参加しました。
突然心臓が止まって倒れた人を救命するための応急手当を習得しAEDの正しい使い方や「止血法・気道異物除去」
など救急隊が駆け付けるまでの間の救命応急手当を習得いたしました。
 4年に一度の更新があり、今回の講習となりました。


20名が講習を受けました。
松田講師による
AEDの使い方
講習参加者には後日、救命技能認定証をいただく事ができます。
 消火隊員は12年目(4年ごとに更新)を迎えました。
倒れている人を発見
ダイジョウブですか!両手を使い
両肩を叩く
 反応なし 大声で助けを求める
119番通報お願いします。ワカリマシタ
AEDをお願いします。 ワカリマシタ

 
胸部圧迫後、人工呼吸の様子
気道確保
胸骨圧迫をしている様子
イチ・二・サン・シ 30回胸部圧迫を繰り返す。
救急隊が到着するまで休みなく続ける。

宮島指導員・松田指導員ありがとうございます。
前のページへ戻る