南砂中央町会

第43回総合防災訓練

10月16日(日曜)午前8時半「マグニチュード7の首都直下型地震が発生」との想定で訓練は行われました。
 283名の避難者が第三砂町小学校の避難所へ集まりました。当日は好天に恵まれ休日にもかかわらず多くの方が参加いたしました。
 

避難者人数を報告する
第4部盒驚楼萇長
今回の訓練に参加された人数は
合計283名
炊き出し・救護所
子ども会・支援グループの協力で
救援物資のアルファ米を使ったオニギリと冷水が用意されました。
 支援グループは特殊技能をおもちの看護師・調理師・電気技師・の皆さんに登録をしていただき災害時に効率よく活動をしていただくためです。
地震発生後避難所へ集まる避難者
各地域(1部〜13部)の旗の元へ整列します
消火隊員の紹介、21名登録
第三砂町小学校副校長挨拶
三砂小は九つの自治体・町会が避難所としています。避難所を使った訓練としては中央町会ほど大規模な訓練を見たことがございません。本校は毎月一回避難訓練を行っています、生徒には本番と思ってやる事、本番(地震)のときは訓練のとおりやること。
石原災害本部長挨拶
自助・共助・公助をしっかり守りましょう
備えあれば患いなし
火事だ!
大声で叫びながら初期消火訓練をする第三砂町中学の生徒
初期消火訓練を行う
ホースの先を握り火の根元を狙って放水!
中央睦会によるさくら保育園の園児を避難誘導
方向感覚も失いそうです、口にタオルか布をあてて下さい
態勢を低くして進みます
煙はバニラの香りですが
出口も見えにくく煙の恐ろしさを体験する
災害ボランティアの方や消防団の皆さんに指導を受けました
女性部・子ども会による
スタンドパイプ操作訓練
狭所で威力を発揮するスタンドパイプを使いこなせる様、女性の訓練模様
AEDを訓練(突然倒れた人)
救命処置の流れは119番通報とAEDをお願いします。
応急手当は
ダイジョウブですか?意識が無い1)人工呼吸・心臓マッサージ・AEDを用いた電気ショックを救急隊員が来るまでやり続ける事です。
スタンドパイプ操作訓練
スタンドパイプによる放水
可搬式ポンプ車を使いポンプ操法訓練。
毎月一回南砂三丁目公園で訓練をしています。
石原災害本部長へ「ありがとうございました」とお礼を言うさくら保育園の園児。救援物資をもらい解散しました。
一番員の放水の様子。
前のページへ戻る