稜線漫歩の会

喘いで、喘いでたどり着きました。日本三大尾根は骨太でした。

2日目の東塩見岳の頂上(3052メートル)、雨にたたれさんざんの体ですが、なんとか登りきったという感じです。
怪我入院から1年たった仲間は、素晴らしい回復力です。

夜行バスで登山口につき、急登に取り付いています。
森林限界にきました。ハイマツと岩場の世界です。
1日目は烏帽子岳になんとか登りました。周りが深い!
ツヱルトの仲間は夜中の強風に死ぬ思いをしました。日本で一番高い峠です。
2日目の朝、感動的な塩見岳の姿が見えてきました。
気持ちをあらたにきつい登りを進めています。
雨の岩稜帯の塩見岳を登りきり、やっとの思いで塩見小屋に。
3日目の朝。感動的な御来光です。昨日は虹にも会えました。
とにかくこの山域は深い、そして雷鳥にも会えました。
可憐な花は、まつむし草というそうです。美しいです。
日本三大尾根を降りて行きます。みんな山に慣れてきました。
仙塩尾根と早川尾根、登る意欲が湧いてきます。
前のページへ戻る