稜線漫歩の会

雨と雷をおして登った「早川尾根」

出発の前日、東京は激しい雨と雷が長く続く最悪の天気。
夜行バスも雨の中進みました。6時に登山口に着いたら、「大きな岩が落ちていて『スーパー林道』は重機が出動」とアナウンスされ、みんな待機しました。
とにかく昼過ぎから雨の天候で、午前中の登山になりました。
写真は7時のアサヨ峰(2799m)から甲斐駒ケ岳を望む一枚です。

広河原峠に着きました。ここからが早川尾根です。
ただ一人誰にも会わず、濡れた坂道を登って来ました。
早川小屋に午前中に到着。
無人小屋だったので、ツヱルトを使わず、中に入りました。
2時頃から雨になりました。
次の朝、登り始めた早川尾根から、鳳凰三山の地蔵岳がとんがって見えます。
仙丈岳がたおやかな姿を見せています。南アルプスの女王と呼ばれる所以です。
甲斐駒ケ岳は、逆にゴツゴツとした男性的な姿を見せます。
雲海に浮かぶ八ヶ岳。
雨と雷の予報で、もう1泊する予定を切り上げて、帰京しました。
前のページへ戻る