稜線漫歩の会

スリル満喫、岩山登山

6月26日、日曜日、当初男体山登山の予定であったが、男体山は午後から雷雨の予報で、安全を期して、新鹿沼から岩山登山に変更した次第。

神社の前を左に登山道に入る。連続する岩場の始まりである。
岩場に切られた足場を頼りに登ると、展望の良いc峰の頂きに着く。
さらに岩場が続く。互いに気遣い励ましあいながら、岩場をクリアーしてゆく。
スリルも時には、達成の喜びに変わる。
梯子を登って、思わず微笑む。
雑木林の岩場を登りきったところで、男体山を展望する。
大岩までもどり、下山道に入る。急な下りで足を滑らせながら里に下りる。岩山を背に腰をおろして和む。
前のページへ戻る