おもちゃ病院江東

H28・5月のおもちゃ病院

亀戸児童館での出来事です。広島でおもちゃ病院をやっているドクターが見学に来ました。孫に会い来る度に秋葉原で部品を調達して帰る事にしているとか。今回の上京時にはネットで検索して日程の合った亀戸児童館でのおもちゃ病院江東の活動の様子を見に訪問してくれました。当日はいろいろと互いの病院運営についての情報交換をしました。
また小田原在住の方からはメールで修理に関する問い合わせが来ました。この方は江東区の実家に依頼品を預け代理人が最寄りのおもちゃ病院にやって来ました。「おもちゃ病院江東」が全国規模で認知されてきた証しと喜んでおります。

今月は下記施設を巡回して合計15回のおもちゃ病院を開院しました。

 グランチャ東雲 (毎月2回開院)
 東砂児童館
 大島児童館
 亀戸児童館
 平野児童館
 千田児童館
 豊洲児童館
 東雲児童館
 江東区文化センター
 深川北こども家庭支援センター
 豊洲こども家庭支援センター
 白河かもめ保育園
 本所BIG SHIP(墨田区)
 八広・吾妻の里(墨田区)
  
*画像クリックすると拡大されます*

会場の入り口におもちゃ病院の幟を立て開院中の案内をします。
こちらは東砂児童館の様子です。
最近は年配の方が癒し系のおもちゃを持ち込まれます。「動かなくなった、喋らなくなた」と言って・・・
小さいこどもずれのお母さんが多いです。今回は受付風景を中心に紹介します。
グランチャ東雲での受付。
場所により多少違いますが概ね
同じです。
こちらは亀戸児童館の受付。
暫くお待ちください、
順番に受付します。
断線個所がないかドクターが調べています。
精巧で本物と見間違えるくらい。
今回は「動かなくなった・喋らなくなった」と持ち込まれました。
電子玩具の修理中。
前のページへ戻る