おもちゃ病院江東

H27・9月のおもちゃ病院

豊洲文化センターが改装で暫く休院していたおもちゃ病院ですが新装新たになった場所で今月から再開しました。開院日は偶数月の第2土曜日に変更です。
奇数月第4土曜日の豊洲児童館と交互に豊洲では毎月一回の土曜日定期開院をいたします。これによって南の湾岸エリア(豊洲地域)と北の城東エリア(大島児童館・毎月第3土曜日開院)の2か所に土曜日開院のおもちゃ病院江東の活動拠点拠点が出来ました。お勤めをされている皆様の利便性がアップしました。

9月は台風の影響で風雨に悩まされました。この中で集まったドクター達も果たして方来院者があるかどうかと危惧していましたがそこそこの訪問者がありホット胸をなでおろしました。

9月は下記施設を巡回して合計14回のおもちゃ病院を開院しました。
 グランチャ東雲(毎月2回開院)
 東砂児童館
 大島児童館
 亀戸児童館
 平野児童館
 東雲児童館
 豊洲児童館
 江東区文化センター
 本所BIG SHIP(墨田区)
 白河かもめ保育園
 豊洲こども家庭支援センター
 東陽子ども家庭支援センター
 深川北ども家庭支援センター

*画像クリックすると拡大されます*

何時もの受付風景です。
今日もお子様連れのお母さんがやってきました。
アンパンマンは人気者。
色々なタイプのおもちゃが持ち込まれます。
ラジコンカー。
送信機の不具合の修理中です。
ラジコンカーの故障は悪路を走らせた為によるものが多い。車軸の破損、水濡れのための電子回路の故障など多岐にわたります。
ラジコンカーの内部です。
歩かなくなった子犬の治療中です。
ぬいぐるみを被せる前に最終動作確認をします。他のドクターの治療を見学するのもスキルアップには大切なことです。
ぬいぐるみのおもちゃのメカ部分は概ねこんな感じです。これから不良個所の修理が始まります。
透明な球体の中に入っている仕掛けの分が外れたと持ち込まれた。
カバーを取り出す作業が大変、無事内部の修理が完了しました。
前のページへ戻る