亀戸九丁目町会

町民日帰りバス旅行実施

9月6日(日)町民日帰りバス旅行を実施しました。参加者は176名、バス4台。

このバス旅行は毎年行っており、今年はブドウ狩りです。来年はさくらんぼ狩り、次にいちご狩りと毎回、子ども連れの参加者が多く人気があり皆さん楽しみにしています。

筑波山のホテルで昼食ですが、 昼食までの約1時間自由行動。 

「筑波山神社」散策。
急な階段を登れば神社です。
旅の安全を願い参拝。
境内では、懐かしいガマの油売り口上を見学。毎週、土、日曜日に行っているようです。

一枚が二枚、二枚が四枚と次々刀で切ります。口上がユーモアがありおもしろい。
刀の刃で腕を切りガマの油をつけるとたちどころにして、傷が治る?
昼食前の一時。ホテルの足湯に浸たり疲れを癒します。
ホテルの昼食会場は大宴会場です。

昼食のあとは -地図と測量の科学館-の見学に出発。
地図と測量の科学館到着。
ここは国土交通省 国土地理院
の管轄です。

地図と測量のおもしろさに出会うことができる科学館です。

3Dで見られる余色立体図。
ラウンジに展示している縮尺10万分の1のおおきな地図を、右眼
が青色、左眼が赤色のメガネで見ると、日本列島が立体的に見えます。
直径22mの日本列島球体模型。
「地球の上を歩いてみよう」

この上にに立てば、高度300km
の宇宙から日本列島を眺めていることになります。丸い地球が実感できます。
1960年から1983年まで、
測量用航空機として活躍した
「くにかぜ」
その間の飛行距離は、
約223,000km地球を5周半。約50分の見学した後、     
筑波ハム工房を見学してから、
千代田村巨峰狩りです。
巨峰狩り。
出発前の天気予報によると午後から雨との事なので、巨峰狩りはやめ、事前に農園で収穫した巨峰を食べました。

子ども達は巨峰棚を見学、記念写真。
熟した巨峰を食べ、皆さん美味しくて満足。
帰りにひと房お土産としていただき帰路につきました。
前のページへ戻る