稜線漫歩の会

梅雨の暑さに立ち向かう『8耐』 ‖臍卮根

6月18日、前夜の大雨に続き昼からの「雨予報」にやる気が湧いて早朝出発。
大倉から塔ノ岳までの高度差は、富士山5合目から頂上までの高度差に等しいと言われています。南アルプスを今年目指すにはちょうどいいトレーニングです。
登りは休みを時々入れてペースよくいきましたが、頂上から雨。大倉尾根を降りるにしたがって本降りから土砂降りになり、道が川になりました。
特筆すべきは80歳を超えた男性、ほぼ毎日登っているとバスの定期を見せていただきました。われわれは未だ道の入口でしかない、と強く感じました。


前のページへ戻る