亀戸九丁目町会

地域合同防災訓練実施

10月26日(日)第4回地域合同防災訓練を実施しました。

今年の担当町会は亀戸7丁目北部町会で参加町会、自治会は「亀戸七丁目南部町会、八丁目町会、亀戸九丁目町会、ソラネットシティ災害協力隊、日商岩井亀戸マンション自治会、都営二号棟自治会、公社自治会、ラフィーネハイツ自治会」
参加者約680人で行いました。


毎年4町会が順番に担当して行っています。
もし大震災が発生した場合、近隣町会、自治会でお互いに協力し合う目的行っています。




炊き出しは、午前8時30分集合。各町会から女性の方が担当してます。
午前9時からの開催。8時30分
に各一時集合場所から列をなして
訓練会場へ。
午前9時担当幹事の七丁目北部町会郡司会長の挨拶。
救助器具の取り扱い訓練。
ロープの結び方。応急担架作成訓練。
救急救命(AED)及び応急救護訓練。
三角巾訓練。
まつのみ作業所の皆様も参加。
職員の方が三角巾をまいてます。
もうすぐ訓練終わるかな?
記念品の袋詰めをしています。
可搬式ポンプによる放水訓練。
訓練参加者もホースをもって訓練に参加。水圧で確り持っていないと振られます。
トン汁が出来ました。訓練が終わった方から順次いただきます。
訓練後のとん汁、皆さんおいしい
美味しいと食べてました。但しおかわりはナシ。
最後に来年の担当町会9丁目会長(私)の挨拶。東京はいつ大きな地震が発生してもおかしくない状態であるといわれています。食料、水の備蓄を最低でも一週間分位の備えをしておきましょう。最後に城東消防署署員の方にご講評をしていただきで訓練を終了しました。
皆さんご苦労様でした。

江東区からの記念品をいただき解散しました。
前のページへ戻る