稜線漫歩の会

東大島文化センターで活発な例会を開きました。

7月20日、連休の中日の日曜日午後1時から「定例会」を東大島文化センターで行いました。これまで低体温症、地図の読み方など学習を行って来ましたが、今回は3年が過ぎた今これからの「会運営」について討論をしました。
連休ということもあり、6割(22名中13名)の参加でしたが活発な意見が全員から出されました。
また今回参加できない何名からも意見を聞いています。

 
   

全員が意見を出しました。「これまで通り月2回は登りたい」、「年間学習計画が欲しい」、「平場で話し合っても決まらない。」
「会はこれまで通りでいい」「「名前のわかる名簿がほしい」「例会は夕方はダメ」「これまででいい」「年間山行計画が欲しい。」
「会長に計画を出してもらうのでいい」「個人情報は絶対出してはだめ。」「入ったばかりなので、分担はまだ」
色々出てきた意見を踏まえて、近いうちに会長がどうするか決定して仲間に伝えることにしました。
写真は岩登りの足の置き方と体のベクトルを説明しています。
前のページへ戻る