稜線漫歩の会

たくさんの草花に出会えた女峰山(1泊2日)

2014年6月14日(土)〜15日(日)日光の女峰山にチャレンジしました。
唐沢避難小屋泊まりも体験しました。
霧降高原レストハウスからスタートし、焼石金剛から赤薙山を巻いて、赤薙奥社跡から一里ヶ曽根、素晴らしい展望の女峰山を目指し、唐沢避難小屋泊して、翌日、裏見の滝に降りてゴールのやしおの湯で汗を流しました。
これは山頂での1枚。達成感がお疲れ感を吹っ飛ばしてますね。
今回もですが、たくさんの花たちが心和ませてくれました。

 
   

霧降高原レストハウスです。
ここからスタートです。後ろに見える1445段の階段を登って行きます。
見ると長そうですが、登ってしまえばこんなもんか…
展望の良い草原をゆるやかに登って行きます。
小休憩の後、ガレ場や急登が続きます。
コメツガ林に入ると、シロヤシオが咲いていました。お花博士によると、お花が下向きに咲いているのが特徴だとか。
なるほど…
そして今回の女峰はコイワカガミの宝庫でした。
シャクナゲも咲いてました。
お花に疎い私も覚えました。
一里ヶ曽根に着きました。
霧降の名前の通り、雨は付きものと思ってましたが、ポツリポツリの雨粒だけですみました。
ラッキー!
そして、女峰山からの眺めです。ガスってましたが、大真名子、小真名子が見えました。
山頂からは、急なガレ場を下って、唐沢避難小屋に着きました。先客は12名位いましたが、私達10名も二階にシュラフをゆったり並べられました。
夕飯のメニューはカレーとサラダです。
ここで食べるカレーの美味しいこと!!
今日一日お疲れさまでした。
2日目の朝です。
小屋の中の様子です。
お世話になった小屋の前でパチリ。
気温8度。
朝食後のコーヒータイム。
今日も一日頑張るぞ!!
小屋からまたもや急なガレ場を下って、水場で水分補給。
下りはシャクナゲを見ながら、馬立を目指し、長く続くササの樹林を通り裏見の滝へと下りました。
初日、霧降高原レストハウスから唐沢避難小屋までの9.9km。翌日は裏見の滝駐車場までの12km。
前のページへ戻る