稜線漫歩の会

第2回目の学習会は、地図読みと山の歌の練習です。

4月20日の日曜日亀戸東地区集会所で15名があつまり、第2回目のミーティングを行いました。
年度始めということもあり、会計報告や保険の報告もありました。

最初の「地図読み学習」では、丹沢の遭難や今回の韓国の海難事故を受けて“なぜ地図が必要か”を確認しました。
地図の記号を暗記として覚えるのではなく、地形を『前読み』することが重要です。
丹沢の遭難の記事をみんな真剣に読んでいます。普段よく行くところだからです。
高川山のリーダーから、27日のコースの説明がありました。
今年は雪が深かったので、アイゼンは必携です。
初めての「山の歌」の練習です。
少しずつ歌を覚えて行きたいと思います。
ミーティングの最後に、行きたい山、改善点など、意見が出ました。次回は7月20日です。
前のページへ戻る