稜線漫歩の会

大平山・晃石山とチゲ鍋

「全ての神々この山に有り 全ての御神徳この山より始まる」と言われている大平山神社を参拝して、関東平野の眺め楽しみながら総勢15名で栃木の山へ行って来ました。
お昼には、皆でチゲ鍋を作り親睦も深めました。

 
   

出発前に駅でパチリ。まだ厚着してますが、春の陽気でどんどん脱ぐことになります。
登山口で、地図確認。
すぐに、階段の急登が始まります。
大平山神社のパワースポット「御神石」を撫でてお参りです。
いつの間にか大平山山頂を過ぎていて、今度は急坂下ります。
今回の山は、この登ったり下ったりを何度もしました。
この山は桜の木も多く、これからの季節に楽しめそうです。
写真「ぐみの木」。こんな大きいのは、初めて見ました。
今回、男性の参加も多く荷物も持ち調理もと大活躍です。そして経験者からは道具の色々を伝授。山仲間の素晴らしさを感じます。
盛り沢山のテーブル。とても山の中とは思えません。
でももうお腹はペコペコでしたので・・・
みんなで食べる山ごはんは格別。
もちろんあっという間でした。
山コーヒーも美味しかった。
荷物は減ったけど、お腹がいっぱいで・・・予定よりショートカットして安全に下山します。
長い林道歩き。山の話しをしながら、駅に向かいます。
後ろに今日歩いた山が見えます。
山や林が海に浮かぶ小島に見えることから、「陸の松島」と呼ばれている この山。行って来たぞー!
新大平下駅からぶどう畑を抜け大平山神社〜奥宮〜ぐみの木〜晃石山〜晃石神社。ここでお昼を食べ、直下を下山して林道を通り駅に戻りました。
前のページへ戻る