亀戸九丁目町会

テロ対策東京パートナーシップ  〜テロを許さない社会づくり〜  に参加

東京臨海広域防災公園「そなエリア東京」防災体験学習施設において「テロを許さない街づくり」を合い言葉に合同訓練・見学会に参加しました。              「そなエリア東京は」1Fは防災体験ゾーン
もしここで大地震がおきたら〜国や自治体などの支援体制が十分に整うまでは、自力で生き残らなければなりません。その目安は3日間、72時間といわれています。
さて、72時間、どう生き残るか?クイズに答えながら、生き抜く知恵を学ぶ防災体験学習。
2Fは防災学習ゾーン映像ホールでは「東京マグニチュード8.0」を、この施設用に再編構成して上映しています。

城東警察署 藤本署長の挨拶。 世界各地で発生しているテロ事件の対策について。
レクチャールームにて、第七方面本部長挨拶。防災公園センター長に防災公園の説明をしていただきました。公園内には「そなエリア東京・防災体験学習施設」「多目的広場」「エントランス広場」「多目的広場」「ヘリポート」「草地広場」などがあります。
首都圏で大規模な地震災害等が発生したとき、国や地方公共団体等の緊急災害現地対策本部が設置され、公園全体が広域的な指令機能を受け持つ場所となります。
花と緑があふれる国営公園と都立公園が融和する広大なスペースです。防災を身近に感じながら楽しく学ぶことが出来る施設があり、町会行事に取り入れたいものです。
外の多目的広場にて、「救出救助」訓練。特救隊員による建物屋上からの救出救助訓練。
被災者のヘリポート搬送。
ホバーリング中のヘリから特救隊員降下。被災者の救助。
「テロ対策」
バスジャック発生。
検挙部隊の説得。
女性・子どもの解放した後。
人質への発砲。


催涙弾投擲・突入
犯人制圧検挙。
外での見学終了。再び室内に戻り奥村理事官の講義。
石沢警部のテロ・ゲリラがよく使用する爆発物を説明して講義が終了。
最後に「防災体験ゾーン」見学
前のページへ戻る