おもちゃ病院江東

H26・2月のおもちゃ病院

2月20日、江東区のシニア地域デビュー講座を受講され2名の方が地域活動体験としてグランチャ東雲でのおもちゃ病院を見学しました。当日は産経新聞文化部記者の取材も入りドクター一同気合を入れて治療に当たりました。私達の活動が広く認知され始めた事を嬉しく思うと同時になお一層のレベルアップを図りたいと再確認した所です。地域の皆さんに愛されるおもちゃ病院を目指します。

今月は下記会場を巡回して13回のおもちゃ病院を開院しました。

さんいく保育園(白河4-9-25)
大島こども家庭支援センター(大島4-1-37)
南砂こども家庭支援センター(南砂3-14-1-101)
グランチャ東雲 (東雲1-9-46)
相生の里(中央区佃3-1-15)
大島児童館(大島7-28-1-104 )
東砂児童館(東砂7-15-3)
豊洲文化センター(豊洲2-2-18)
本所BIG SHIP(墨田区本所1-13-4)
白河かもめ保育園 (白河1-5-1)
亀戸児童館(亀戸2-1-19) 
平野児童館(平野1-2-3)

グランチャ東雲は私達の活動拠点で毎月第1・第3木曜に開院しております。

 *画像クリックで拡大されます*

江東区のシニア地域デビュー講座を受講された方がグランチャ東雲でのおもちゃ病院を見学中です。
さてどうするか。
ドクターが覗きこんで相談中です。
修理が終わり最終確認中です。
修理が終わり引き取りを待っているおもちゃです。それぞれのおもちゃにのカルテにはドクターの治療結果記録されます。
不良のおもちゃの電子回路をトレースして図面に起こしました。回路図を見ながら不良個所の分析中です。
白河かもめ保育園ではお雛さんが飾ってありました。今回はお雛さんが見ている前で治療をしました。
ドクターの治療風景をこどもが園長さんと一緒に見ています。僕も大きくなったらおもちゃのお医者さんになろう…と。
ここの所なんだけど、こんなもんで良いかな。
プラスティックギアーの割れ。
動かない・走らないの典型的な原因はこれが多い。
前のページへ戻る