稜線漫歩の会

雪山の高尾山は趣ありました。

2月23日(日)
山梨県の矢平山への山行予定でしたが、雪崩注意報が出ていた為、急きょ、高尾山に変更しました。
今日の高尾山はいつもと違って雪山でした。メンバーからも「雪の高尾山は初めてで、魅力的ね❤」と。
本日の山行は13名(新人さん1名含む)という、我が会の新記録です。整然と隊を成してしまったため、ご迷惑おかした方々にはごめんなさい。

登山口です。空気はひんやりしてますが、風がないので登山日和です。アイゼン、スパッツ着用です。
稲荷山コースを行きます。
10分ほどで稲荷神社です。
信仰深い彼女は手を合わせていました。
今日が初アイゼンという方がいます。雪道も踏み固められていたので、歩きやすかった。
東屋に着きました。小休憩です。東屋の屋根が雪の重みに必死に耐えているようにしなっていました。
景色が良かったのでパチリ!
「アオキ」という赤い実の植物です。センリョウやマンリョウよりも大きな実をつけます。
高尾山頂に到着です。
私達のように予定を変更したと思われる多くの登山者で賑わっていました。
素晴らしい景色が見渡せました。
見よ! この満面の笑み!   あったかいお弁当食べて満足のご様子。
帰りは(森と水コース)の6号路を選びました。ここでも普段は沢や階段があるはずですが、雪ならではの発見がありました。
ここは修験者が滝に打たれる琵琶滝です。ゴール地点のケーブル駅はもう直ぐです。
手頃な雪山ということで駅から賑わっていました。ずっと雪のコースで、満足感のある山行でした。
前のページへ戻る