稜線漫歩の会

奥多摩・本仁田山(1224.5m)

 7月13日(土)本格的な夏に入り、関東でも猛暑が続いています。この暑さの中、10人で奥多摩・本仁田山にアタックしました。鳩ノ巣駅から奥多摩駅へ向かうコースです。
我々の会では来月、2回の合宿が予定されており、暑さや重い荷物を背負うことに、徐々に身体を慣らしておかなければなりません。今回はいい訓練となりました。
 

アスファルトの道路から、山への入口に来ると、雑木林の葉で覆われた陰にホッ!
一年を通して一番暑いこの時期。30分ごとに休憩をとり、水分と甘いお菓子等でエネルギーを補給しました。
振り返ると、かなり頑張って登ってきたことが分かり、自信になります。
目指す頂上までもうひとふんばり!
本仁田山の頂上。夏は,繁る葉で展望はあまり良くないのですが、涼しさは得られます。ここで昼食タイム。
まるで水墨画のような山々。右手が御前山、左手に大岳山が見えています。幻想的でした。
林道に出てきたところで、最後のまとめをしました。予定時間を過ぎての下山となりましたので、今回の温泉はおあずけです。
夏休みに入る前の3連休初日。
多摩川支流の河原では、子供たちが(大人も)水遊びを楽しんでいました。
 奥多摩駅2階では、天才クライマー「山野井泰史展」が開かれていました。困難があっても挑戦し続けるお二人(奥様の妙子さんとともに)は、日本人の誇りとも云えるのではないでしょうか。
春に比べると花の少ないこの時期、ヤマユリを見つけたらすかさずシャッターを押しました。
蒸し暑い中、駅から急坂でぐんぐん登ります。
下りも激しい坂を短い時間で降りてきました
前のページへ戻る