おもちゃ病院江東

H25・5月のおもちゃ病院

今月は近所の幼稚園の子供達が壊れたおもちゃを持って先生と一緒に児童館で開院したおもちゃ病院を訪問してくれました。沢山の子供達に囲まれて思わずドクターたちの顔も緩みました。

下記会場で延10回のおもちゃ病院を開院しました。
グランチャ東雲 (東雲1-9-46)
東陽みずべ(東陽1-3-8)
豊洲みずべ(豊洲5-5-1-201)
豊洲児童館(豊洲4-10-4-111)
東砂児童館(東砂7-15-3)
白河かもめ保育園 (白河1-5-1)
大島児童館(大島7-28-1-104 )
亀戸児童館(亀戸2-1-19) 
平野児童館(平野1-2-3)

今月も楽しい出会いが沢山ありました。

*画像クリックで拡大されます*

「私達のおもちゃを直して下さい、お願いします」と子供達、「はい分かりました」とドクター。大勢の子供に囲まれ思わずドクター達ももにっこり。
ここまでは回路も働いているね、そうなると次は何処かな?手順を追って治療を進めます。
ダンプカーの荷物扉が壊れた。かなり乱暴に扱われたようでヒンジが引きちぎれている。さてどう補修をしたら良いものか思案中。
保育園でのおもちゃ病院です。備品の椅子も机も子供用で小さくてかわいい。それでもドクターが座っても十分に強度は有ります。
作業の手を休め他のドクターの仕事ぶりを観察中です。これも大事な事です。
今回は部品の欠損が多いな・・・。
さてどうやって補修しようかと思案中。なにせ製造中止の製品は部品の入手が不可能なのです。
前のページへ戻る