稜線漫歩の会

2日目  雲取山から三峰神社へ

 前日はエスケープとして奥多摩小屋に泊まり、最悪又鴨沢に戻るかもと懸念してましたが、時間内に収まりこの景色を見ることができました。
 前白岩山の少し手前です。
いつまでも見ていたかった。皆さんも感動されていました。


 朝6時過ぎ、ストレッチそしてアイゼンを装着しました。
 今朝は曇っており、富士山、ご来光も共にお預けです。
 下りすぐにテントがいくつか張られていました。
 幾つかの凍ったアップダウンがありました。女坂を行き、崩れている箇所に木の梯子が掛ってました。慎重に上がりました。
 8時過ぎ晴れてきました。芋の木ドッケです。ここでも地図を確認。この先は? 
 まだまだ雪が残っています。
 山荘から2時間余り。ツルツルです。アイゼンが無いと怖い個所です。見事な原生林と地図にありました。が、下りに必死!
 雲取山の名のとおり雲海が良かったです。
 霧で幻想的でした。霧藻ヶ峰少し前からずうーっとこんな感じでした。高度をぐんぐん下げてきました。
12時半、三峯神社到着。山歩きも終了。神社内にある興雲閣という温泉に向かっています。
 りっぱな大きな神社でした。
 帰りのバスで、会長は他の会の年配の方と沢や過去に行かれた特に深い山の話等で盛り上がっていたようです。その方も楽しかったとおっしゃていました。
前のページへ戻る