おもちゃ病院江東

H25・3月のおもちゃ病院

今月は東京ベイネットワークTVの取材を受けました。活動の様子が江東区の行政広報番組「江東ワイドスクエアネクスト」(30分番組)内にて紹介されます。
宜しければご覧ください。
平成25年3月31日(日)〜4月6日(土)午前9時30分、午後0時30分、午後3時30分、午後7時30分の1日4回リピート。
放送終了後は江東区のホームページ(www.city.koto.lg.jp)にて動画配信されます。期間は番組放送の翌月から約1年間。

先月に引き続き江東区の地域デビュー講座受講者1名が体験学習の一環としてグランチャ東雲での「おもちゃ病院江東」を見学されました。

3月は下記会場で11回のおもちゃ病院を開院しました。

東砂児童館(東砂7-15-3)
グランチャ東雲 (東雲1-9-46)
豊洲みずべ(豊洲5-5-1-201)
相生の里 (中央区佃3-1-15)
平野児童館(平野1-2-3)
白河かもめ保育園 (白河1-5-1)
豊洲児童館(豊洲4-10-4-111)
大島児童館(大島7-28-1-104 )
亀戸児童館(亀戸2-1-19) 
豊洲文化センター(豊洲2-2-18)

*画像クリックで拡大されます*

治療作業の撮影中です。
ぬいぐるみのおもちゃは内部のメカの修理より縫合に手が掛ります。ドクターは裁縫が苦手。
内部の詰め物を取りだしていよいよメカの治療に入ります。
お母さんと一緒に何処が悪いか説明する女の子。ドクターの頬も緩みがちです。
これがなかなか骨が折れるとこなのよ。本当ですね、ドクターたちも納得。
そこの所はどうなっているの? 相談しながら治療を進めます。
前のページへ戻る