稜線漫歩の会

日だまりハイクの顔振峠でした

 今日のコースは、西武線吾野駅から顔振峠、ユガテ集落を経て東吾野迄です。12km弱の4時間程です。
積雪もあろうかとアイゼンを持参しましたが、暖かいハイキングになりました。
 顔振峠名の由来は義経と弁慶主従が峠越えの折、あまりの絶景に何度も振り返ったとか!  なるほど素晴らしかった。低山でも季節を問わず楽しめる山のようです。
   手前に伊豆が岳、遠くにも奥武蔵の山々が峰を連ねています。

 
   

 分岐に出、標識の確認です。
 気持ちの良いなだらかな道が続きました。
 ゆっくり展望を楽しみながら登りました。 峠に到着。
展望台や下山ルートの確認をしています。
 眺望は良かったですが積雪もあり少し寒かった。
 越上山は展望はありません。ここまでの往復、アップダウンが多少ありました。
 ろうばいが満開。皆の携帯にしっかり収まったことでしょう。
 下山道は針葉樹に囲まれた尾根道です。標識にあった12曲がりを過ぎユガテ集落に向かいました。
前のページへ戻る