SOS江東

2012年SOS江東の「つなぐ・つながる」災害ボランティア活動報告


2012年は視覚障がい者の方たちと交流する機会を多く持っています。
8月7日は江東障害者福祉センターで、江東区視覚障害者福祉協会の行事に参加、9月30日は東京都視覚障害者協会江東支部の方々と勉強会を行い、意見交換しました。(左の写真の様子)
このような障がい者の方々と顔のつながる交流を大切にしています。
左の写真は江東ボランティアまつりで、国家公務員宿舎に来ている東雲の会の方々の福島支援グッズの販売コーナーです。
わらじやおてだま、ストラップなど完売となりました。
東雲サロンの活動をお手伝いしています。
左の写真は6月14日、東京社会福祉士会の増村喜久子氏をお迎えして、社会福祉士と災害支援活動についての勉強会の様子です。社会福祉士の方々とは、東雲サロンの被災者支援活動を一緒に活動しています。
江東社会福祉士の方々とは毎年江東区民まつりで隣同士のテントのおつきあいもあります。
左の写真は、2012年の江東ボランティアまつりの様子です。西大島の総合区民センターで開催されました。
災害ボランティアの活動と災害要援護者支援について展示しながら、多くのボランティアの方々と交流する機会を持つことができました。このような経験が災害時に生きてくると思います。
2012年の江東区防災訓練の様子です。
社会福祉協議会の災害ボランティアセンター立ち上げ訓練に参加することができました。
社会福祉協議会の職員さんと一緒に訓練する機会を持つことで、より実践的な内容を経験することができました。
前のページへ戻る