ホーム > 蔵書 > 「赤ちゃん縁組」で虐待死をなくす
請求番号 1801078
メディア 図書
タイトル 「赤ちゃん縁組」で虐待死をなくす
サブタイトル 愛知方式がつないだ命 
著者等 矢満田篤二 萬屋育子 
出版元 光文社 
ジャンル 18.児童福祉・保育
内容 「愛知方式」と呼ばれる特別養子縁組の方法がある。愛知県の児童相談所では、産みの親が育てることができない赤ちゃんを、特別養子縁組を前提とした里親委託によって、生まれてすぐから家庭の中で育てる取り組みを30年来続けてきた。かつて一地方公務員の手で始まったこの前例なき取り組みが、今注目されている。「虐待死の中で最も多い、0歳0カ月0日の虐待死」「恒久的な家族の愛情を知らずに施設で育つ子どもたち」「里親や里子を苦しめ続ける反応性愛着障害という病」……。これらすべてをなくすために、公務員でありながら圧力に負けずに新生児の特別養子縁組を断行し続けた矢満田氏、そしてその方式を愛知県に定着させる役割を果たした萬屋氏の半生と取り組みを、二人の熱意の背景にも迫りながら紹介する。 
大きさ 新書 
内容量 317 
出版年 2015年
ISBN等 9784334038380 
帯出区分 帯出可
保管場所 地域福祉情報バンク
 
前の画面へ戻る
▲ページトップ