ホーム > 研修情報 > 福祉職員向け現任研修「統合失調症の理解と関わり方」
件名 福祉職員向け現任研修「統合失調症の理解と関わり方」
研修分類 福祉職員向け現任研修
研修の概要 統合失調症の方が日々の生活を送られる中で家族や身近な方等に支えられたり、あるいは、病院で入院生活を送られる方も少なくありません。
そして、障害者や高齢者に関わらず、今日ではさまざまな福祉サービス等を利用され、地域の中で生活を送られるようになってきています。
いわば、「医療から福祉へ」、「地域での援助へ」と変わってきています。
今回のテーマは、「統合失調症の理解と関わり方」について学んでいきます。
その中で、精神科の歴史や本人の感情、環境を学び、具体的な援助を考えます。 
イメージ画像
(画像をクリックすると拡大します)
開催日時 2019年10月4日(金)13:00〜16:00 
申込期限 2019年9月6日(金)17時必着 
会場 川崎市高齢社会福祉総合センター 
定員 30名 
受講料 2,000円 
申込方法 申込用紙に必要事項をご記入の上、川崎市高齢社会福祉総合センターあてにFAXまたは郵送にてお申込みください。

【申込用紙の入手方法】
下記添付ファイル、申込書のPDFファイルからダウンロードできます。

【問合せ・申込先】
社会福祉法人川崎市社会福祉協議会
川崎市高齢社会福祉総合センター 人材開発研修センター
〒214−0035 川崎市多摩区長沢2−11−1
TEL:044(976)9001 FAX:044(976)9000 
関連URL  
添付ファイル 統合失調症の理解と関わり方 チラシ.pdf
 
前の画面へ戻る
▲ページトップ