傾聴ボランティア「ネットワーク川崎」

23年度かわさきボランティア・市民活動フェア パネル出展の報告

日時:1月28日(土)10時〜16時 会場:中原市民館・かわさき市民活動センター
フェアの目的:市民にボランティア活動等
   に親しんでもらい、活動の裾野を広
   げ、団体交流を促進。

☆出展
.優奪肇錙璽川崎」紹介パネル
特別企画に、とどろきアリーナ一時避難
 所「ゲームとお話し相手」紹介パネル
C賃両匆隹菫スライドショー

☆概要
 来場者が約1700名のフェアに、出展し傾聴や「ネットワーク川崎」について広く知っていただくことが出来た。他団体との情報交換もでき有意義なものでした。
 *来場者:2Fパネル30〜40名
 *1Fパネル:20〜30名

☆感想
 被災地で住宅の泥出しやヨガ療法された団体、避難所で子育て親子を支援した団体などに話を伺うと、時々“傾聴”の言葉が出てきた。支援行為だけが目的でなく、寄り添って時に話されるまま耳を傾ける事を大事にしていた。

前のページへ戻る