ホーム > 活動報告 > シェアサイクル「Hello Cycling」の使い方

市内で拡大中のシェアサイクル「Hello Cycing」の使い方

川崎市内は長いことレンタサイクル不毛地帯でしたが、ここに来て、にわかにシェアサイクルが増え始めています。

「Hello Cycling(ハローサイクリング)」 https://www.hellocycling.jp/app/tutorial というサービスで、貸出・返却処理が完全に自動化されていて、借りた場所とは異なるサイクルステーションに返却することができます。24時間使える所が多く、短時間・短距離の利用ならば安くすみます。

東京都千代田区の「ちよくる」(ドコモ・バイクシェア)など、東京都心部では一足早く普及しつつあり、使ったことがある人もいると思いますが、使い勝手は少々異なり、下記のような特徴と使い方になります。

■■特徴
●料金は車種により異なるが、アシスト付きで15分あたり60円(税込)が多い。1日借りっぱなしだと1000円。こまめな返却がお得。
●いちど会員登録をすれば、全国の同系列のサービスを利用できる。

■■必要なもの
●スマートフォンやタブレット端末などの携帯端末
●クレジットカード
●最初に会員登録

■■利用時の注意点(詳しくは後述)
●出発地近くはもちろん、目的地近くのサイクルステーションと返却可能台数も確認してから借りましょう。
●借りる前に、電池残量や自転車の状態を確認しましょう。
●走行中は普通自転車の交通ルールが適用され、車両の運転者としての責任が生じます。当会発行の『自転車ルール教本』などで確認してください。


初回登録やスマートフォン、クレジットカード、機器操作などのハードルはあるものの、電車やバスだけでの移動が必ずしも便利でない地域へ出掛けるときの交通手段の選択肢が広がると思うので、皆さんの活動などで機会があれば試してみてください。

まずはホームページかスマートフォンアプリで、出発地と目的地の近くにあるサイクルステーションを検索します。

ピンをタップすると、貸出可能・駐輪(返却)可能台数が確認でき、自転車の予約(30分以内、無料)もできます。

予約画面に行くと、自転車の車種と料金も確認できます。

「ちよくる」などと違い、駐輪台数を超えたステーションには返却できません。目的地近くのサイクルステーションに空きが無くて返却できず、思わぬ料金がかかってしまうこともあるので、借りる前に、目的地近くのステーションと駐輪(返却)可能台数を確認しておきましょう。

市外のステーションも表示されていますが、いちど会員登録をすれば、全国の同系列のサービスを利用でき、市外で返却もできます。(近隣他市では、東京都府中市、中野区、埼玉県さいたま市、千葉県千葉市などに多いようです。2018年5月時点)
貸出・返却操作は自動化されており、自転車のハンドルに搭載されている小さな機器を操作して行います。

市内ではコンビニエンスストア最大手セブンイレブンの一部店舗に設置されていますが、店員さんは対応できません。最初に使うときはホームページの説明をよく読んでから行きましょう。
http://www.sej.co.jp/services/hellocycling.html

初回借りたときに、この機械を使って手持ちのICカード(Suica、PASMO、nanaco、WAONなど)を登録しておくと、次回からスマートフォン無しで借りられるようになります。スマートフォンが苦手な人は、ICカードを登録しておきましょう。
https://www.hellocycling.jp/app/tutorial?ic#ic01

ICカードを登録してあると、次回からは機器を操作した後、この機器にICカードをタッチするだけで借りられます。(ICカードはカギ替わりに使うだけで、支払いには使えません。)

ただし、貸出・返却を行うサイクルステーションの検索・確認に、何らかのインターネット接続が必要になります。また、会員登録など一部のメニューはパソコンで閲覧できないようです。
予約しても借りるまでは料金はかからないので、借りる前に自転車を点検します。

●アシスト付きならば電池残量
●タイヤに空気が十分入っているか
●ブレーキ操作して動作するか
●夜ならばライトが点灯するか

など、自転車が安全・快適に走れることを確認してから貸出手続きをしましょう。

電動アシスト付き自転車の場合、ハンドル左手に操作パネルがあるので、電源ボタンを押し、残り容量(写真では90%)を確認します。電池が切れても走れますが、とても重い自転車になってしまいます。

電池切れなどを理由とする借り換えでも料金が発生しますので、借りる前に確認しましょう。
料金は車種にもよりますが、アシスト付きで15分あたり60円(税込)が多いようです。

支払い方法はクレジットカードのみ。未成年などでクレジットカードを作れない人は、一部の銀行が発行しているVISAやJCBのブランド付きキャッシュカード(デビットカード)も使えるようです。無料で利用できる口座もあるので、こうした口座をひとつ用意しておくのも良いかもしれません。
走行中は普通自転車の交通ルールが適用され、車両の運転者としての責任が生じます。自転車は車道の左側を走るのがルール。特にアシスト付き自転車は速度が出やすいため、例外があっても歩道通行(徐行義務あり)は難しいでしょう。

自転車の正しい走り方は当会発行の『自転車ルール教本』 http://sltc.jp/rulebook (溝口駅前・高津市民館11階の川崎市地球温暖化防止活動推進センター、またはAmazon.co.jpで購入できます)などで確認してください。

正しいルールで、安全・快適に利用しましょう。
国では2016年末に「自転車活用推進法」が制定され、今は国土交通省が主管して「自転車活用推進計画」が策定されています。
http://www.mlit.go.jp/report/press/road01_hh_000975.html

川崎市でも、今年に入り「川崎市自転車利用基本方針」が策定されました。 http://www.city.kawasaki.jp/templates/pubcom/530/0000092698.html

この中でも「シェアサイクル施設の整備」が掲げられているので、今後はこうしたシェアサイクルがもっと増えるかもしれません。

シェアサイクルは、電車やバスと乗り継いで行動範囲を広げるときに便利な乗り物として、国を挙げて普及が期待されているところです。

自転車は高い経済性(安い)はもちろん、健康増進や環境負荷の低減にも貢献し、正しく利用すれば安全な乗り物でもあるので、正しい利用促進が期待されています。

市内でもシェアサイクルが増えてきた機会に、選択肢のひとつに加えてみてはいかがでしょうか。
この情報は、「持続可能な地域交通を考える会 (SLTc)」により登録されました
前の画面へ戻る
▲ページトップ