傾聴クラブ てんてん
                               


H29年度第2回講座 〜米本先生をお迎えして〜

関係性が築ける 聴き方、話し方

 
 H30年3月3日(土)午前10時〜12時
 北とぴあ802会議室B

 ◆約1年9ヶ月前「てんてん」の
  メンバーは、阿部先生、米本先生
  から傾聴ボランティアについての
  講座を受講しました。
  今回の講座は「傾聴講座のおさらい」
  と米本先生から、言われました◆

(講座資料より抜粋)
 ・話を聴くとは
  相手を受容し(受け入れ)相手の
  気持ちを理解すること。
  聴くとは、心、気持ち、意味を聴く
  相手のことを受け取る言葉が
  必要になる。  
  受容 相手が主役、聞き手は添え
 ・人は、自分の思いを理解してくれると
  落ち着く。
  向き合う、聞く、知る、分かる 
  の繰り返し
 ・豊かな言葉と心のやりとりの
  コミュニケーションを目指して
  言葉に心をのせて渡しましょう。

 ◆メンバーからの感想◆
  ♪勉強したけれど忘れていたこと
   など再度見直しが出来て良かったと
   思いました。
  ♪初心に戻ってとても参考になりま
   した。
  ♪米本先生の研修はご経験に基づく
   手堅いお話で、ふりかえりに
   なりました。


会場に一足早く桜が咲きました。
米本先生は、メンバーを包みこむようにお話をしてくださいます。
米本ワールドにどんどん引き込まれていきます。
先生を囲んで対話しているような体制で講座を行いました。
メンバーはそれぞれ端的に言葉を選んで発表していました。なんだか、とっても大きく見えました。自画自賛ですが・・・
真剣です!



「みにきたWeb」北区市民活動情報サイト