きたく子ども劇場
                               


<きたく子ども劇場>2007年

親子で観劇したり遊んだりしながら、文化を通した子育てネットワークを地域で32年前から実践してきました。

毎年恒例、年の初めはおもちつき。
会員外のお友達も誘って、200人もの参加がありました。
木登りしたり秘密基地を作ったり、ちゃんばらごっこも、マシュマロ焼きも、みんなたくさん遊んだね!
もちろん、おもちもたくさんついて、お雑煮、からみにきなこ、あんころもち…いっぱい食べました!
お兄さんやお父さんも大活躍の一日でした。

今年最初の例会は、人形劇団ひとみ座の、なかむらたかお 一人人形劇『りすおとカメ吉』。3ヶ所の会場は、どこも、ステキな笑顔がいっぱい!
1月の例会で、大人気だったなかむらたかおさん。ぶーちゃん作りのワークショップをしていただきました。個性あふれるぶーちゃんが出来あがったら、みんなで山に行ったり海で泳いだりしてみました,。
4月の小学生例会『霧のむこうのふしぎな町』では、会員の子どもたち40人がはちゃめちゃ通りの住人になって特別出演!写真は、首都圏ツアー、オープニングイベントでの北とぴあ会場の報告の時の様子です。
五月晴れの1日、幼児・おまめさんを中心に、尾久野原公園に遠足に行ってきました。小学生のお兄さん・お姉さんや、会員外のお友達も誘って、総勢91名!ザリガニ釣りやクローバーのかんむり作り、子ども対大人でドッジボール・・・1日のんびりた〜っぷり、遊んできました。
《こどもまつり》今年はスッキリ晴れました!午前中はお店屋さんと見世物小屋。あちらこちらで「いらっしゃいませ〜!」の元気な声。午後は一転、2チームに分かれての戦いです。大人も子どもも真剣に(!?)戦いました!
今年の、集団部主催の講演会は、「『教育基本法』ってなぜ変えたの?」というテーマ。きたくでは何度も講演をお願いしている坪井節子さんに、「教育基本法」が変わって、実際に私たちの周り、子どもたちの周りでは、何がどう変わるのかをお話していただきました。
『親子キャンプ』毎年お世話になっている、中津川村キャンプ場で、今年もの〜んびり、た〜っぷり楽しんできました。川の水は冷たいけど、子どもたちは元気です!みんな一緒にたくさん遊んで、とっても仲よくなって帰って来ました。
『子どもキャンプ』今年も、小学4年生から青年まで、親はぬきで、3泊4日のキャンプに行ってきました。準備から片付けまで、全部、子どもたちだけで考えて実行したキャンプ。みんな、ちょっぴり成長して帰ってきました。
10月14日『34年度定期総会』が開かれました。入会して間もない会員さんから、きたく子ども劇場ができてすぐの頃から活動している会員さんまで、オブザーバーも含めてたくさんの出席があり、提案された議題について、活発な討議がなされました。
   
10月28日、2008−2009シーズンの例会を決める『例会企画決定会議』が開かれました。運営委員会から提案された企画案とサークルから出された対案について、どちらがより観たいかをたくさん話し合って、例会企画が決定しました。


「みにきたWeb」北区市民活動情報サイト