NPO法人ハートフルコミュニケーション チーム千葉

第3回.第4回ハートフルセッションを開催しました

こあらっこ・こどもセンターで行っている「子育て応援サークルLe・ciel」主催の子育てコーチング「ハートフルセッション」が今年度も始まりました。
笑顔で子育てしたいのに、毎日イライラしてばっかり、
私の子育てこれでいいのかしら?そんな風に思うことはありませんか?
ハートフルセッションは、日常起こる様々なことを題材に、自分に合った子どもの接し方を見つける時間です。
子どもの幸せな自立のために、私たち親にできることを6回シリーズで考えていきます。

6/7第3回のテーマは「責任」
できるようになったことを任された子供たちは、
自分のやったことの結果引き受けるという体験のなかで、自分の人生は自分で切り開いていける、ということを学ぶことができます。
よく、失敗から学ぶ、とか、痛い目に合わないとわからない、というのはこのことです。
でも、痛い目に合わせることや、失敗させることが目的ではないです。
もともと子どもに力がある!ということを知っていて、その力を信じることができた時に初めて私たち親は、「じゃあやってごらん」と任せることができます。
小さいうちから、小さいことを任せていく大切さを皆さんと語り合いました。

 
   

第4回7/5(火)のテーマは「人の役に立つ喜び」
もともと人の役に立ちたいという気持ちをもって私たちは生まれてきます。その気持ちをどう引き出すことができるか?
子どものその気持ちを引き出すための親の言葉かけについて、皆さんとお話ししました。
まだ、話し始めたばかりだからわからない、と思わずに、「お母さんはこう思ったよ」と、自分の気持ちを丁寧に伝えていくことの大切さを改めて感じました。
0歳と1歳児の子どもたちは、サポートスタッフに見守られながら、楽しく参加。ママたちもゆったりとお話しできました。
子どもの心のコーチング
(菅原裕子著 PHP文庫)を
ベースに話を進めます。
テキストは読んでこなくても大丈夫です!
次回は8/2(火)テーマはこどもを幸せにするしつけ

しつけって何でしょう?
しつけって、いつから、何を、どうやって教えて言えばいいのでしょうか?

「しつけ」というあいまいな言葉に惑わされずに、具体的に何を教えるのが、子どもへのしつけになるのか?
皆さんと一緒に考えて、
そして、すぐにできる子育てのヒントを見つけていきましょう

お電話で予約を入れてくださいね!
こあらっこさんは、国府台保育園内にある支援センター
子どもたちの目線に合わせて、魅力的なおもちゃが窓際に並んでいます。セッション中は子どもたち、ママと離れて自分の時間を満喫します。
窓から目の前に広がるのは里見公園。今はまだまだバラがきれいに咲いていました
木陰もあるので、夏でも遊べそうです。
前のページへ戻る