ホーム > イベント・お知らせ > 連続講座「幼い子どもの文学を考える」

タイトル 連続講座「幼い子どもの文学を考える」
主催 一般財団法人大阪国際児童文学振興財団 
イメージ画像
(画像をクリックすると拡大します)
開催日 2018年12月22日(土)、2019年1月26日(土)、2月23日(土) 
開催時間 14:00〜16:00 
場所 大阪府立中央図書館 2階 大会議室 
地図・案内図
 
定員 各回50人 
対象者 子どもの本に関心のある方ならどなたでも 
申込み方法 当財団ホームページ「参加申込」から、または電話、ファックスで、名前(ふりがな)、住所、電話番号、メールアドレスをお知らせください。 
申込みしめきり 申し込み先着順 
費用 1000円 
内容詳細 文学の面白さを、最初に覚える「幼年文学」。5歳から8歳を中心とした読者を、大人は、長い間、つかみきれていませんでした。
英米で幼年文学が成立していく歴史を辿った後、作家・翻訳者・図書館員として活躍された渡辺茂男、松岡享子両氏の作品を通して、日本での受容と幼年文学の魅力を考えていきます。

 ◆ 第1回 12月22日(土) 14:00〜16:00
   幼年文学の歴史−英米の歴史を中心に−
 ◆ 第2回 1月26日(土) 14:00〜16:00
   幼年文学をよむ ‥亙嫐价忘酩覆鮹羶瓦
 ◆ 第3回 2月23日(土) 14:00〜16:00
   幼年文学をよむ◆‐床享子作品を中心に

講師:三宅興子さん(児童文学研究者、絵本研究者)
 
問い合わせ先 主催:大阪国際児童文学振興財団
TEL 06−6744−0581
FAX 06−6744−0582 
関連URL http://www.iiclo.or.jp/ 
この情報は、「一般財団法人大阪国際児童文学振興財団」により登録されました
前の画面へ戻る
▲ページトップ