一般財団法人大阪国際児童文学振興財団

フォーラム:子どもの文学と文化を問い続けて―児童文学者 中川正文の仕事を顧みる

平成24年9月29日(土)13時から、大阪府立中央図書館2階大会議室で、「フォーラム:子どもの文学と文化を問い続けて―児童文学者 中川正文の仕事を顧みる」を行いました。

日本で初めて関西弁で絵本を創作した中川正文氏(1921〜2011)は、昭和10年代から子どもの本を書き始め、常に日本の児童文化に影響を与え続けてきました。児童文学者、絵本作家として、『ごろはちだいみょうじん』『ねずみのおいしゃさま』など、今も読み継がれている絵本を多く執筆したほか、日本で最も大きなスクリーンを持った影絵劇団を指導、サントリー地域文化賞を受賞しました。一方、大学・大学院で児童文化を教授し、幅広い研究活動を行ってきました。子どもの読書活動に関わる執筆も数多くあります。

当フォーラムでは、当財団の元理事長・館長でもあった中川氏の業績を顧みることによって、児童文学・児童文化の歴史をふりかえり、これからの子どもの本、文化のありようについて考えました。

講師:荒木昭夫さん(京都児童青少年演劇協会代表世話人)、梶山俊夫さん(絵本作家:ビデオ出演)、田島征彦さん(絵本作家)、永田桂子さん(児童文化研究者)、松居 直さん(当財団特別顧問、福音館書店相談役)、向川幹雄さん(当財団特別顧問、兵庫教育大学名誉教授)
司会:遠藤 純(当財団特別専門員)

前のページへ戻る