鳩まめ倶楽部

寺子屋子ども食堂

「子ども食堂」と聞いて欠食児童が集まってくるというイメージは、もはや古いものになっているようです。現在では、放課後や休日に、子どもたちに豊かで充実した時間を過ごさせようという取り組みとして広がっています。

http://do-natteruno.com/con_c/c574/c574.html

勉強タイムが始まります。学校の宿題や子ども食堂が用意するプリントに取り組みます。スタッフは引き続き子どもたちの質問に答えたり、プリントの採点をしたりします。子どもたち同士で教え合う光景も見られます。
腹話術の龍本千賀子さん。龍本さんは、四条町の「安養寺」住職の奥さんです。老人会や子育てサークルなどの依頼で、かつお君とともに出かけます。この日も天野さんからの依頼で登場。子どもたちを湧かせました。
寺子屋子ども食堂の実現に全力を注いだのが、専宗寺先代住職の天野正亮(しょうりょう)さん。
前のページへ戻る