花とみどりいっぱいに会

苗場で秋の種まきをしました。

9月25日、会員各位のエネルギーに押されたのか、雨も上がり種まきびより?、10時開始だが、早々とセルへの種まきとビニールハウスへの格納。
新しいビニールハウスには午前4時と午後6時に自動で水まきをする優れもの装置が導入されている。写真はこの装置の説明と、会員による日々の確認の役割分担を説明する幹事役員。芽が出て、ポットへの移植、そして花壇デビューが楽しみである。

テント内での種まき作業。
整った環境の中でたのしく作業する会員。
セル台の設置、確認も念入りにチェック。ビニールハウス内で。
名札を付けて並べられたセル。
花苗は、バンジー、ロベリアアクアなど、各花壇のデザインに合わて選択されています。
前のページへ戻る