日下山を市民の森にする会

  7月13日活動視察・表彰状授与式

第144回定例作業日[平成26年7月13日]活動視察と第25回全国「みどりの愛護」功労者国土交通大臣表彰状授与式を午前9時〜パンドラの丘(会の拠点地、日下町8丁目)にて行いました。
式の始まる直前から雨が降り初め、東大阪市野田市長様より、会を代表して三澄代表が表彰状を授与しました。早朝より出席して頂きました、野田市長様・高橋副市長様・建設局土木部小西部長様・公園緑化室片岡室長様・土木部みどり対策課木邨課長様・日下自治会菅原会長様ありがとうございました。
式の途中から雨がひどくなり式終了後、活動の視察は中止になり、会員の皆さんは日下ゆうゆうプラザに移動して12時迄、是からの活動を会議して終了しました。ケーブルテレビ取材の皆様、岩井様、雨の中ありがとうございました。


 
   

 
 野田市長様よりご挨拶
   
  野田市長様、
 
  会の三澄代表
 表彰状授与式
「みどりの愛護」感謝状
  のお言葉
  
 
 野田市長様より授与
  されました
 
 三澄代表、お礼の挨拶
 
会員の皆さんと話される
  会活動の視察図面
5、遊歩道:笹竹の刈り払い
担当:酒田幹事 ほか 男性
6、管理道:ツツジの手入れ
担当:岸本幹事 ほか 女性
 日下ゆうゆうプラザにて
 山口副代表より活動作業
 の説明と話し合いをしま
 した 
前のページへ戻る