一般財団法人大阪国際児童文学振興財団

むかしの紙芝居・子どもの絵本を楽しもう

平成25年8月11日(日)、大阪府立中央図書館2階大会議室で「むかしの紙芝居・子どもの絵本を楽しもう」を行いました。

第1部は、当財団専門員による昔の絵本『ウラシマ』『一寸法師』と、三邑会の紙芝居師、近藤博昭さんと大塚珠代さんによる街頭紙芝居『チョンちゃん』『どんぐり横丁に集まれ』などを楽しみ、第2部では、子どもたちが実際に、絵本『きょだいなきょだいな』を読んだり、紙芝居『チョンちゃん』を演じてみることに挑戦しました。

前のページへ戻る